純日本人の僕が、英語で毎日会話できるようになったまでの軌跡を踏まえて、効率的な学習方法について、解説してゆきます。

英会話の上達法

英会話の上達法は、人によって違ってきますよ。

英会話が上達するための学校や、CDやDVDなどがたくさん販売されていますね。

中にはインターネットを使って英会話を習うという学習法もあります。

これはとても有効で、私自身もたくさん利用したので、あとで解説してゆきますね。

英会話が出来る人になりたい日本人は本当にたくさんいます。

けれども、学習をしてもなかなか身につきません。

なぜでしょうか?

そもそも語学は、8歳まではすぐに身に付くといわれています。

それから、大人になるとどんどん暗記力も低下し、語学力も落ちてしまいます。

そして、日本の英語教育は、会話主体ではなく、文章を読むといった読解力を主体としてきました。

学校の英語の先生でも、英語が喋れる先生は数少ないですよね。

そこで、中学から大学まで10年ほど英語を勉強してもなかなか会話が出来るレベルにはなれないのです。

英会話は、一つのコミュニケーションの手段です。

なのでまずは、ネイティブの人たちの中に自分を置くことが大切です。

伝えたいことを、たとえ手振り身振りでもいいので、相手に伝えようとするその努力が、まず英会話の上達法には大切だと言えます。

ネイティブの講師ばかりの英会話教室に通っても、週一回だけで後は英語と親しむことがなければ、なかなか上達しません。

ネイティブの講師の授業を大切にしながら、CDやDVDで学習したり、正しい発音を毎日聞くという努力が必要です。

英語は、特に一度に何十時間の学習時間があっても意味がないと言われています。

毎日少しずつ英語に親しむ方法こそ、外国の人とコミュニケーションがとれ、英会話が得意になる方法だと言えるでしょう。

英会話の習い方

まずは、英会話を習うにはどのような方法があるのかについて、考えてみましょう。

英会話の教室は、日本中にたくさんあります。

そして、そこへ生徒さんがたくさん通っていることを考えても、英会話ができるようになったらという願いをもった人たちがいかにたくさんいるかが分かります。

英会話の習い方には、色々な方法がありますね。

例えば、ネイティブの教師が自宅で英会話を教えている場合、決まった曜日と時間に先生の家に行って習うことができます。

また、市販のCDやDVDを利用して、英会話を学習する方法もあります。

これらは、決まった日にちに教室へ出向かなくていいので、自分の好きなスピードで英会話を学ぶことが出来るのがメリットですね。

また、NHKのテレビやラジオでの英会話講座を利用して、何度もビデオを観ながら学習することもできますね。

英語を習いたいという気持が自分の中で膨らんだ時、何かの行動を起こすのは、誰しも同じでしょう。

ただ、上達できるかどうかは、それが長続きするかどうかにかかっています。

英会話を学ぶことが楽しいと思えるようになったら、練習を積むことができると言えるでしょうね。

CDやDVDの中には、子供が読む童話を英訳して聞くように出来ているものもあります。

この場合、スピーカーの右から英語が流れ、左からその日本語が流れてくるといったものもあります。

日本語と英語の関係を即座に頭に入れ込むものです。

自分一人で学習するのは長続きしないのなら、英会話教室に通ってみるのも良いでしょう。

この場合、少人数クラスで勉強する場合と、マンツーマンで勉強する場合があります。

マンツーマンは一人一人に合わせたカリキュラムが組まれますので、より有効だと思います。

1
TOPPAGE  TOP